クラランス・トータルリフトマンスールEX-マルタ旅行での免税店戦利品

写真 6


スリミングの王道といえば、クラランスのリフトマンスールハイデフィニシオン。セルライトの成長を撃退してくれる、最強のスリミングツールです。二本セットで購入しました。ドバイ空港では、日本円でのカード決済が可能です。



リフトマンスールハイデフィニシオンは、4月23日にトータルリフトマンスールEXに進化を遂げました。従来の機能に加え、今後のセルライト生成を抑制するという機能が加わっています。

この高機能で¥7,350は、安いものです。



クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

東京ミッドタウンNEW STAGE OPENスペシャルイベント

写真 1


東京ミッドタウンが4月25日に新しいステージへ生まれ変わり、NEW STAGE OPENスペシャルイベントでした。



写真 4


まずは、ガレリア1階ロティアメリカンワインバー&ブラッセリーでドリンクとフィンガーフードのおもてなしが。



写真 8
©ROTI American Wine Bar & Brasserie


ロティアメリカンワインバー&ブラッセリーは、厳選された北アメリカのワインが気軽に楽しめるワインバー&ブラッセリー。ロティサリーチキンや炭火焼きのステーキ、ハンバーガーなどがワインと共にいただけます。



写真 3


クリームチーズとアンチョビのフィンガーフードなどなど、ワインが止まらなくなるメニューばかり。



写真 2


アメリカンなサンドイッチは、チーズとハムというシンプルな内容ながら豪快でとても美味しいです。



写真 5


ほろ酔いでイベント会場へ。ゲストは土屋アンナさん!。残念ながら撮影はNGということで、参加者はしっかりと記憶に留めるのみ。アンナちゃんは、エメラルドグリーンと水色の間のような綺麗なカラーのワンピースを着ていました。ELLEオンライン編集長と、アンナちゃんの仕事、ファッション、旅などの話題をクリス智子さんが軽快に進行し、あっという間の楽しいトークショー。



写真 7


お土産は、富士フイルムのアスタリフトホワイトシリーズ、同じく富士フイルムのビューティーエナジードリンク・ファイター、森香るハイボール白州ミッドパークカフェのドリンク券など。これからの季節、外で飲むのは気持ちが良いですね。シングルモルトウイスキー「白州」に、フレッシュミントを添えてすっきり仕立てた「白州 森香るハイボール」、ショッピング後の一息にぴったりです。



クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

本日、東京ミッドタウンがリニューアルオープン

本日2013年4月25日、東京ミッドタウンのショッピングエリアが変わります!

新規オープンが32店舗、リニューアルオープンが10店舗。



日本デビューの気になるお店!

JET
LAのフレッドシーガルに本店を構え、ローカル達の定番として支持され続けているJET。南カリフォルニアのオフスタイルを中心に世界初となるメンズ・キッズラインを加えたJETの世界観を楽しめる旗艦店。

ヤコブ コーエン
「デニムはライフスタイル」をコンセプトに、常にパーフェクトなフィッティングを追求するヤコブ コーエン。サントロペの1号店に続く日本初のトータルショップ。

そのほかロンハーマンや、履き心地の良いインポートシューズに定評があるヒットマンが提案する新業態「院ポーテッド バイ ヒットマン」、フランスで最も伝統あるファッション誌「madame FIGARO」とコラボしたセレクトショップなど、魅力的なお店が勢ぞろいです。



スペシャルイベントの様子もレポートしたいと思います。



クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

マルタ旅行④空港からサンジュリアンへ&イムディーナ

写真 5


空港からバスでホテルへ向かいます。マルタのバスは、目的地へ行くバスの番号さえ分かっていれば、安くてとても便利です!特に空港から出発するバスは時間もきちんとしているので、利用することをおススメします。



写真 1


到着ゲートを出て右側がバス乗り場です。そこへ向かう途中に、バスの自動発券機があるのでチケット購入。




写真


切符は2時間券(2.2ユーロ)も1日券(2.6ユーロ)もあまり料金が変わらないので、一日券の購入がお得です。上の自動発券機のほか、直接運転手からも購入できます。地球の歩き方に「検札も頻繁にある」と書かれていましたが、一度もありませんでした。乗り口でバッグをさぐってチケットを探したりしていると、一日券を持ってるか口頭チェックだけで出発するような運転手もいました。



写真 4


自動発券機で購入したチケット。運転手が発券するチケットはもっとぺラペラの紙質。



写真 3


車内。空港から40分ほどでサンジュリアン(パーチャビル)のバス停に到着。車窓から見える景色や建物がどれも土色で、初めて見る風景を見ているとあっという間でした。



写真 16


バス停からホテルまでは、親切なマルチーズの説明に従って徒歩10分くらいで到着し、16時20分ごろチェックインできました。ホテルは、ザ・ゴールデンチューリップ・ヴィヴァルディ(4つ星)です。




写真 14


一階にはレストランとカフェが。一応ジムもあります。

サンジュリアンはナイトスポットが充実しているので、夜遊ぶ人にはおススメのエリアです。ヒルトンホテルなどホテルが集まるこのエリアは、クラブ街のパーチャビルや、カジノへも歩いてすぐです。



写真 6


青を基調とした広い部屋。セーフティーボックスとか、時計とかないのに、グラスとワインの栓抜きは置いてあってびっくり。マルチーズライフにはワインは必須ということですね。



写真 2


部屋からの景色。目の前には真っ青な海、まぶしすぎる太陽。暗くなるのは8時くらいなので、ホテルに荷物だけ置き、イムディーナへ出発!。サンジュリアンからは202、203のバスが直行です。




写真 13


マルタ島のほぼ中央部、平野を見守るかのように小高い岡の上にたたずむ町イムディーナ。16世紀には首都でした。アラビア語で「城壁の町」という町は、外堀と城壁に囲まれています。堀にかかる道からメインゲートをぬけて町へ入ります。




写真 7


ここがイムディーナのメインゲート。



写真 8


大聖堂。メインゲートから続く小路の右側、セントポール広場の一角に建っています。



写真 11


聖人のフレスコ画が描かれた天井。床には華麗な色大理石の墓碑が並んでいます。クーポラの装飾も素敵。



写真 10


神聖な雰囲気に飲まれていると、一般客は出入り禁止の礼拝の時間に入り込んでしまっていました。勝手に見学中に司祭と思われる人にも遭遇。開放されている時間は、17時までです。(ちゃんと退出しました。)



写真 9


大聖堂付属博物館。広場を挟んで大聖堂の前に建っています。内部には、大聖堂から運ばれた各種の宗教儀式の際の聖具、コインのコレクション、デューラーの銅版画など14~19世紀のさまざまな展示物が並ぶそう。開館時間は16時30分まで(拝観は閉館30分まえまで)なので、ここも入館できませんでした。



写真 12


フォンタネッラ。ここのチョコレートケーキがマルタ一おいしいと「地中海のとっておきの島 マルタへ」(乾 明子著)に書いてあるので、チョコレートケーキ好きはぜひ。




イムディーナの城壁の外に広がる町がラバト。バスが車での時間で散策できる、小さな町です。イムディーナとラバトで1時間くらいあればさくっと廻れます。夕暮れの薄暗い静かな雰囲気が、とても素敵です。



クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

いざエミレーツ航空でマルタ島へ③ドバイ~マルタ共和国!マルタ旅行

ドバイでの乗り継ぎ時間は3時間15分。広大な空港施設の移動や免税店など廻ったりしていればあっというまに搭乗時刻。



写真 1


搭乗して本日2度目の朝食。

メニューは
アラビックコールドブレックファースト(ラブネ※ボール、ゴーダチーズ、トマト、キュウリ)
フレッシュシーズナルフルーツ
ブレックファーストセレクション(グリルド チキンフィレ、ターキーベーコン、チキンソーセージ、リヨン風ポテト、ベイクドビーン)
クロワッサン
クラッカー
でした。

※ラブネ…ヨーグルトから作ったチーズ。クリームチーズのようなクリーミーさと、カッテージチーズのような酸味で美味しかったです。

二種類から選択できるメインは、もう一種類が一度目の朝食で食べたばかりのオムレツだったので、重そうな上記にしました。前回からですが、温かいクロワッサンがついてくるのに、別添えでパンが提供されるのは何故…。



写真 3


マルタ到着直前のスナックメニュー。

ビーフパストラミサンドイッチ
ハルミ※1、シャワルマ※2ラップサンド
レモンケーキ

※1ハルミチーズ…キプロス産の代表的なチーズ。塩気が強かったです。
※2シャワルマ…ケバブ(肉)?。



写真 4


ここまで美味しい機内食を提供してくれたエミレーツですが、さすがにサンドイッチは期待できないと思いきや、美味しいパストラミでした。キプロス名産品チーズを使ったり、ラップ好きなマルタを意識したメニュー構成で、なかなか楽しいです。

なぜここでキプロスが出てきたかというと、それは最後↓で。



写真 2


ドバイから5時間45分(搭乗時間は4時間45分)、マルタ共和国に到着しました!。空港、こぢんまりしています!

入国に際し、書類など何も書かなくて、入国審査ゲートでのパスポートチェックのみであっさり終了。こっちが心配になるほどの簡略さと平和さです。



写真 5


空が青い!!日差しが強い!!!これが地中海性気候!



写真 6


さて、ドバイ~マルタ間は直行便なのですが、途中キプロス国のラルナカで一時間ほど停まります。ドバイ出発時に行き先にはラルナカとマルタと書かれていたので不思議に思っていました。ラルナカ到着と、マルタ行きの人はそのまま搭乗しておくようにというアナウンスがあり、機内で初めて知らされました。他の人も知らなかったらしく、マルタに到着したと間違えて降りる人が続出。

外にも出られないまま、飛行機の電源も一旦切られるので機内プログラムも使えず、清掃は始まるわ、間違って降りた人や、降りるべき人が乗っていないかの確認のためチケットチェック、自分の手荷物の所在確認などなど、どたばたのラルナカ停泊です。



続く。



クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

A.N.

Author:A.N.
人生の活力は旅と食事とおいしいお酒。
主な活動地、麻布十番、六本木、赤坂中心の港区(時々その他)情報。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
おすすめリンク

☆☆☆第1〜2期eCREAアンバサダーとして活動させていただきました。☆☆☆
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ランコム ローズ マガジン
アサイーボウル&スムージーが30秒で完成!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 東京のおいしいお店情報♪へ
東京のおいしいお店情報♪
管理画面