北欧旅デンマーク⑨Relae(レレ)

この日のメインイベントは美食ランチ!。

コペンハーゲンといえば、今美食の街として世界中から注目を集めています。

そのキッカケといえば、世界のベストレストラン50に3年連続で1位になった「noma」でしょう。

そこからシェフが独立したり、レベルの高いレストランがコペンハーゲンにはたくさん存在するのです。

レレ(Relae)も「noma」出身のシェフによるレストランです。

滞在中の日程で唯一予約できたこの日。

ミシュラン一ツ星を獲得したこともあり、人気ですね。




内装はいたってシンプルでクリーンな印象。

木のぬくもりが感じられます。

メニューは4皿コースの構成です。




カトラリー類はテーブルの引き出しにセットしてあります。




まずスタータードリンク。

オーガニックの林檎からできた飲み物で、少し苦味があります。

この飲み物は後で市場で見かけました。

スターターでも分かるように、こちらのレストランはオーガニックや素材へのこだわりがすごいのです。

ミシュランで星を獲得したレストランの中で唯一オーガニック認証を受けているそうです。




これはコース内に数えられないスターター。

胡瓜の浅漬けに、バーニャカウダソース。

ソースの味付けはややソルティーで、クリーミーなテクスチャーです。




パンは、全粒粉を使った少し酸味のあるもの。




右側の醤油差しのような容器にはオリーブオイルが入っています。

パンとよく合います。




一皿目は鯖とカリフラワーの一皿。




鯖は加熱されているもののレアで、生で魚を食べないデンマークの人たちにとっては衝撃の一品ではないでしょうか。

日本人としてはちょっと「いつもの」感が否めませんが、臭みがなく柔らかく仕上がった身にクリームソースとの取り合わせは新鮮なプレゼンテーション。



二皿目は茂った草…ではなくキャベツ。




茂みの中は、優しい味わいの白菜のミルク煮のようなもの。

スモークドアーモンドも使われているそうです。

素材(キャベツ)を味わう一皿です。

ちなみに白菜はチャイニーズキャベツ。




三皿目は、東デンマーク産の鶏肉とキャベツにルバーブソースの品。

お肉がとにかく柔らかく、しっとり。

キャベツも柔らかく調理されています。

鶏肉の上に載っているそぼろ状のものは、なんと鶏皮。

カリカリなので、すべてが柔らかい一皿の中で食感のアクセントになって、重要な役目を果たしています。

またシンプルな味付けなので、油分でコクもプラス。




デザートはミルクアイスクリームにラズベリー。

デンマークのコペンハーゲン人はアイスクリームが大好き。

レレをはじめ、美味しいアイスクリームをたくさん食べました。




最後はコーヒーコレクティブのコーヒーでシメ。

レレのはす向かいにあるコーヒーコレクティブはバリスタ世界チャンピオンのクラウス・トムセンらがオーナーをするロースターカフェの有名店。

スペシャリティーコーヒーにこだわり、豆の美味しさを引き立てるエアロプレスによる抽出で提供され、美味しさは格別です。

しっかり出ているのに酸味や雑味がなく、穏やかな味わいでした。



使われているのは普通の食材ですが、色々と新鮮さを感じた食事でした。



続いてはスウェーデンへgo!
関連記事



クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

非公開コメント

プロフィール

A.N.

Author:A.N.
人生の活力は旅と食事とおいしいお酒。
主な活動地、麻布十番、六本木、赤坂中心の港区(時々その他)情報。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
おすすめリンク

☆☆☆第1〜2期eCREAアンバサダーとして活動させていただきました。☆☆☆
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
ランコム ローズ マガジン
アサイーボウル&スムージーが30秒で完成!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 東京のおいしいお店情報♪へ
東京のおいしいお店情報♪
管理画面